無添加でないフードが抱える問題

良いドッグフードを見分けるひとつの目安は、「パッケージの原材料の欄」をチェックすること。
記載されている原材料の数が多いほど、人工的な添加物が大量に加えられていると考えられます。
無添加でないフードに含まれる粗悪な原材料と、愛犬の健康への影響について考えてみましょう。

市販のドッグフードの多くは、人工的に生成したビタミンやミネラルなどの栄養素を添加することで、栄養のバランスを保っていると言われています。人工のアミノ酸やビタミン剤がふんだんに添加されたフードは、一見栄養のバランスは良いかもしれませんが、動物が自然の中で摂取している本来の食事とはかけ離れています。

コストを抑えるため低品質な原材料を使用。足りない栄養素を補い、味を良くするためにどんどん余計なものが添加されることに…

現代のワンちゃんは野生動物ではありませんので、食事は人が与えます。そのフードに、添加物というワンちゃんに不必要なものがたくさん入っていると、ワンちゃんが本来備わっている自然治癒力を発揮できなくなってしまう可能性もあります。
『アレルギー』、『肥満』、『代謝の低下』などは、本来動物が自分自身で調節できるもの。それができなくなっているということは、自然治癒力が低下している証拠なのです。

こんな原材料には要注意!

人工の食品添加物

人工の添加物は天然の原材料よりも代謝されにくいと言われています。さらに、自然の食材に含まれるビタミンやミネラルの吸収を妨げるおそれも。添加物がたくさん使用されたフードには注意した方が良いでしょう。

肉の副産物

人の食用に加工された肉の残りなど、栄養価のきわめて低いものが含まれているおそれがあります。また、失われた栄養素を補うために、肉の副産物には人工の添加物が加えられていることも多いのです。

大量の小麦

小麦が極端にたくさん含まれているフードを食べ続けると、犬の消化器官に負担がかかってしまいます。ひどい場合は、過敏性腸症候群などの消化に関わる病気にかかるおそれもあります。

大量の油

ワンちゃんの食いつきを良くするために、香りづけの油を使用していることが多々あります。べたべたしているフードは要注意。油が多ければ、それだけフードが酸化しやすく劣化の原因にもなります。ワンちゃんにとって、害のあるものを体に入れることにつながってしまうのです。

聞きなれない原材料

最近は、さまざまな原材料が入っているフードが増えてきています。
聞きなれない変わった食材を使用しているフードは、食物不耐性*の心配も増えてきますので注意が必要です。
本当にその原材料は、ワンちゃんに必要な栄養素を含んでいるのでしょうか?
パッケージを見て、正体がわからない材料が入っていたら要注意です。
*食物不耐性……食べなれない新しい食材などを摂取することで、消化が悪くなったり便が緩くなったりすること。


ほんの少しの間の栄養の偏りであれば、動物にもともと備わっている自然治癒力や適応力によって、健康を保つことができます。 しかし、愛犬はほとんど毎日同じドッグフードを食べ続けます。低品質のフードを長い間食べ続けていると、大切な愛犬の体調にとりかえしのつかない悪影響が及ぶこともあるのです。

低品質のフードを食べ続けると、こんな症状につながるおそれも…◆消化不良,下痢,嘔吐,皮膚や耳のかゆみ,アレルギー,ふけ,食糞,便秘,肥満,無気力,口臭,歯石,耳あか

愛犬は、どんなに体調が悪くなっても自分でごはんを選ぶことができません。 不調のサインを見逃さないように気を配り、本当に健康に良い、質の高いドッグフードを選んであげてください。

アランズ ナチュラルドッグフードとは

画像①アランズ ナチュラルドッグフードの理念アランズ ナチュラルドッグフードは、『自然給餌(ナチュラルフィーディング)』の考え方に則り、
犬が本来必要としている食事を反映させて作られています。
画像②無添加原料のこだわり無添加でありながら、十分な栄養と保存性、抜群のおいしさを実現。
その秘密は、11種類の原材料と調理方法にあります。
画像③徹底した品質管理アランズ ナチュラルドッグフードは、安心・安全のため、
製造から出荷後に至るまでさまざまな取り組みを行っています。
画像④ワンちゃんと飼い主さんの6つの幸せ良い食事を続けることで、ワンちゃんと飼い主さんにこんな変化が・・・!!
アランズ ナチュラルドッグフードは、ワンちゃんだけでなく飼い主さんの幸せも実現します。