アランズ ナチュラルドッグフード 年齢・体重別食事アドバイス

①高齢のワンちゃんへ与える場合

ナチュラルドッグフードは、生後7ヵ月以上の全ての成犬にお使いいただけます。
高齢のワンちゃんにあげても問題ありませんが、活動量や筋肉量が落ちるシニア犬は、若い成犬にくらべて必要とするエネルギーが少なくなります。そのため、通常より20~30%少ない量をあげるようにしましょう。
ただし、これはあくまでも目安です。ワンちゃんの体調や体重の変化をしっかりと観察して調節してください。

②ダイエット中のワンちゃんに与える場合

食事の量を調節する場合、2~3ヵ月かけて体重に変化があるたびに少しずつ量を変えましょう。

ナチュラルドッグフードは、余計な材料を一切入れず、ワンちゃんが必要とする栄養をたっぷりつめこんだフードです。きわめて消化吸収効率が良いため、これまでのフードと同じ量をあげ続けると、あげすぎになってしまうことがしばしばあります。給与量を参考に、ワンちゃんの体重変化によく注意しながら量を調節してください。

③食欲旺盛なワンちゃんに与える場合

他のドライドッグフードに比べて少ない量で済みますので、慣れないうちはワンちゃんがもっと食べたがるかもしれません。そのような場合は、ゆでたキャベツなどの葉物野菜をトッピングしていただきますと、より満腹感が増します。よろしければお試しください。

④偏食気味のワンちゃんに与える場合

ナチュラルドッグフードを細かく砕き、これまでお使いのフードにふりかけのようにしてあげてみてください。また偏食気味のワンちゃんの場合、食事は毎日15分以内で終わらせるようにし、食べなければフードボウルを下げてしまった方が良いでしょう。トッピングなども一切やめ、ドライフードのみで食べられるように慣らしてあげてください。

⑤処方食として与える場合

ワンちゃんの体調や症状にもよりますが、ナチュラルドッグフードが作られている本国イギリスでは、処方食の代わりとして食べているワンちゃんもいます。処方食から切り替える際には、必ず獣医さんに相談してください。