徹底した品質管理

ナチュラルドッグフードは、イギリスのペットフード業界から高い評価と信頼を集めるペットフード専門の工場「GAペットフード・パートナーズ社」で生産されています。

<国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得>『GAペットフード・パートナーズ社』の工場が取得している証明書。本工場は、イギリスのペットフード業界からも高い評価を受けています。

イギリス・ランカシャー州に位置するこの工場は、国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の施設。

一度に大量生産をせず、少量ずつをこまめに生産することで、できるかぎり新鮮なフードを愛犬家に提供するというこだわりぶりです。

イギリス・ナチュラルドッグフード社の創設者であるアラン・クリーザー氏とこの工場のスタッフたちは、10年来の長い付き合い。アラン氏の考案した独自のレシピが工場に託され、ここで徹底的な品質管理のもとにナチュラルドッグフードが作られるのです。


安心・安全への取り組み

高い技術と安全性を誇る製造ライン

取材に訪れた当店専任スタッフに、製造ラインについて詳しく説明する工場の担当者(左)とアランさん(中央)。

アラン氏のレシピに忠実に従い、イギリス産にこだわった新鮮な原材料がミキサーにかけられたのち、115℃で3分間加熱されてドライドッグフードとなります。この温度は、熱に弱いビタミン類をできるかぎり損なわないようにしながら、十分に加熱殺菌をするためのギリギリの温度。製造ラインのいたるところに、ナチュラルドッグフードのこだわりが光ります。

製造ライン全体は常にモニターで監視され、何か異常があればその場ですぐに検知されます。アラン氏自身も定期的に工場を訪れ、製造現場をチェックするとともに、スタッフと綿密に打ち合わせを行っています。


2回の『品質テスト』で、原材料も製品も厳しくチェック

(画像上)イギリス中のペットフードメーカーが生産を委託するGAペットフードパートナーズ社。品質検査専用ルームには、各種フードのサンプルがずらり。
(画像下)専用の機械を使い、品質検査のエキスパートが厳しくチェックを行う。

人間と異なり、ほとんどの場合、犬は1種類のフードを生涯食べ続けることになります。そのため、原材料に有害物質が含まれていた場合の影響を考慮して、厳しい倫理観をもとに、充実した設備を駆使したドッグフードの品質テストが行われます。

GAペットフードパートナーズ社の品質テストは、製造前・製造後の2回に渡って行われます。

まずは製造前。メーカーから届いた原材料の品質テストを行います。例えば、玄米などの穀物については、バクテリアが繁殖していないかなど、製造のたびに様々な角度から検査されます。

製造後には、出来上がったドッグフードを3mmまで粉砕し、専用の特別な機械でスキャンし、スペクトラム分析にかけます。システムにあらかじめ登録されたデータと照合され、万が一、異常があった場合には即座に検知されるのです。また、これら品質テストは全て「品質検査官」と呼ばれる、品質管理のエキスパートたちによって行われます。


全てのナチュラルドッグフードに刻まれた信頼の証。『製造番号』と『12ヶ月の追跡システム』

<トレーサビリティ>パッケージに印字された番号により、それぞれの原材料の調達先や日時までを完全に把握。この完璧なトレーサビリティも信頼の源です。

やがてパッキングまで完了した製品には、一袋一袋製造番号がつけられます。その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することができるのです。

ナチュラルドッグフード作りはこれだけでは終わりません。一回の生産ごとに必ずサンプルがとられ、すぐに専門家が最新の装置で品質検査を行います。さらに、検査に合格したサンプルも全て12ヵ月間にわたって保管し、出荷後も品質に問題がないことを確認しています。

ナチュラルドッグフードの賞味期限は、生産から12ヵ月間。つまり、フードを使い切るその最後のときまで、しっかりと品質をチェックしているのです。


ドッグフードは愛犬が一生食べ続けるものだから、品質の管理には細心の注意を払う―そんな責任感とこだわりを貫くスタッフたちの手で、ナチュラルドッグフードは作られています。左:工場内のパッキング作業風景。 中央:工場の倉庫にて、ナチュラルドッグフード社製品のチェックをするアランさん。 右:アランさんと品質管理専門家にお話を伺う当社専任スタッフ。

GAペットフードパートナーズ社

  • 所在地: イギリス ランカシャー州プレストン  タールトン チャーチロード  PR4 6UP
  • HP(英語): http://www.goldenacres.co.uk/